≫フレンチ..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Restaurant aila

どーもーーーーーーーー大阪のくぼです
今回は緑豊かな住之江公園の近く、フランス料理を楽しめるailaさんのお店にいってきましたー
ブルーの軒先テントが目印です
蜀咏悄+2015-07-31+15+23+34_convert_20150818191907


ailaさんはつい最近オープンしまして、店内はとってもキレイ!そしてとってもおしゃれです
フランスカラーの椅子がとてもかわいい~
蜀咏悄+2015-07-31+15+19+56_convert_20150818191744蜀咏悄+2015-07-31+15+21+18_convert_20150818192652

そして、お店を入ってすぐにはシャンブレアが!!!
オーナーシェフの久保田さんに幼いお子さんがいらっしゃることから
お子さんも一緒に食事ができるようベビーチェア完備しております。

さらに、お店の奥にはワインサーバーがあります
蜀咏悄+2015-07-31+15+22+15_convert_20150818191850


さあ、さあ、さあ、皆さんお待ちかねのお料理ですよーーーーーー
food!cid_40592574-3AF3-4CD6-93B2-7361FA44F97F_convert_20150820093019.jpg


まずは写真左上の前菜
岡山産鶏ムネ肉のサラダ
かなり存在感をだしていたのがきゅうりです
河内長野産の新鮮なきゅうりを使われており、青臭さがまったくありません
レタス、トレビス、スプラウト、セロリと多くの野菜が入っており、
色んな食感を楽しめます
粒マスタードマヨネーズとの相性も抜群です

写真下はメイン
コロダイのポワレ キンジ草のソース
メインにも旬の野菜がふんだんに使用されております
甘長とうがらし、そうめんかぼちゃ(←隠れてて見えません
なす、ズッキーニ、そしてドーナツ型をしている野菜が大阪の伝統野菜である玉造黒門越瓜
新鮮なコロダイはふわふわで、キンジ草のソースがとても合います
前菜のみならずメインでもこんなにたっぷりお野菜を摂ることができるなんてびっくりです

写真右上上段
デザートは桃のブランマンジェとコンポート

写真右上下段
フォカッチャは久保田シェフ手作りでーす
どのお料理も本当においしかったです。まんぷくです
ランチからものすごく贅沢をした気分になれました~

陽気で気さくなオーナーシェフが生みだすアットホームで落ち着く雰囲気と
心満たされるお料理を楽しみたい方はぜひailaさんへ〜


ailaさんのお店はこちら

***********************
Restaurant aila
住所:大阪府大阪市住之江区御崎6-1-23
TEL::06-6686-3304
地下鉄四ツ橋線『住之江公園』駅下車、3番出口から直進徒歩5分
市バス「御崎3丁目」バス停前
***********************
スポンサーサイト

French Restaurant C'est la Vie

どーもーーー
チームKです

今回私たちがご紹介するレストランは
阪急六甲駅から徒歩3分
住宅街にたたずむセラヴィさんです

坂を下っていくとー
IMG_5148.jpg

ありました!

住みやすく居心地の良い土地柄から
六甲を選ばれ
2006年にオープンされました

IMG_5143.jpg

店名でもある「セラヴィ」は
フランス語で「人生はこんなもんだよ」という
慰めや励ましの意味があり
フランス人は日常的に使うのだそう
山本様はお食事を通して
お店にいらした
お客様を癒したいという意味を込め
「セラヴィ」と名付けました。

IMG_5133_20130919191153c55.jpg

ここでオーナーシェフの山本様について
ご紹介したいと思います
山本様は二度フランスへ渡り修業をされていました
語学学校に通いながら
レストランでフランス料理の技術を学ばれたそうです

行かれた先は食の都リヨン
それからフランス北西部に位置する
ルーアンへ郷土料理を学びに
この郷土料理の話を聞いて驚きました
うさぎなどの内臓を使った料理が多いそうで
その中でも一番驚いたのが
羊の脳みそ!!!たこやきみたいな感じだそうです
まったくもって想像できません・・・


それでは
みなさんお待ちかねの・・・
料理のご紹介です!!!ぱちぱち

まずは本日のスープ
IMG_5125.jpg

さつまいものポタージュでした
あまーくてとろっとろ
秋はお芋さんがおいしいですよね
こちらを手作りパンとともに

次はメインの天然鯛のパイ包み焼き
IMG_5126.jpg

でてきた瞬間感動!!!
早く食べたくてうずうず
それでも写真はしっかりとります!!!キリ
では一口
外のパイはさっくさく
中はふわっふわのとろとろでした!
なんてたって口の中で
鯛がほろほろと溶けていくんです
おいし~~~~~
ほんとにお昼から贅沢です
こんなにおいしいもの
いただいちゃっていいんでしょうか!

さいごはデザート
レモンタルトと紅茶のプリン
IMG_5128.jpg

レモンタルト・・・!?
わたし初めて食べます
食べてみると
もう本当にそのまんまレモン!!!
レモンの香りと酸味がぶわーって
口の中に広がります
フランスではレモンやライムのタルトが日常的に
食べられているそうです

そして紅茶のプリン
バニラがほんのり香り
紅茶の味がしっかり効いていて
ちょーどいい甘さ
紅茶好きのわたしにはたまりませ~~~~~ん

今回いただいたのはサービスランチ¥1680
それとそれと
IMG_5140.jpg

セラヴィさんで愛用していただいている
ワイングラスPerle(ペルル)とともに

IMG_5135.jpg

落ち着いた雰囲気
窓から差し込む陽射しが温かい
肩肘はらない本格フレンチを味わえる
セラヴィさんへ
みなさんもぜひ~


フレンチレストランC'est la Vie (セラヴィ)
〒657-0051
兵庫県神戸市灘区八幡町3-5-13
Tel&Fax 078-805-2565
Lunch 11:30~14:30(L.O.)
Dinner 17:30~20:30(L.O.)
定休日 火曜日
URL http://la-vie-kobe.jimdo.com/



■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-
ブログで紹介している素敵なワインセラーやワイングラス、
ワイングッズが気になる方は、ぜひ当店のサイトをチェックしてくださいね!


ワイン関連商品なら何でも揃う!1,500点以上の掲載
GLOBALオンラインショップ


■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■


フランス料理とワイン Y’s

こんにちは、今回の担当、
大阪の中田(♂)そしてまたまた原(♀)でございます。

いつもこのブログをご覧頂き、ありがとうございます

いきなり変な話ですが、大阪本社では最近ひそかに『カワイイ系男子』が流行っています。

しかも男性の間で・・・

ワタシ自身(ナカタ)がカワイイかどうかはご想像にお任せするとして、
今回ご紹介させていただくシェフは、ワタシのお客様の中でもかなり上位に
名を連ねることのできる『カワイイ系男子』ですヤッター

数年前から食の都・大阪の中でも特に 熱い エリアとして注目されたきた福島区。

大通り沿いはもちろん、小さな路地に入ってもそこは飲食店激戦区。

Ys7.jpg

駅前から続く商店街を歩くと、飛び石のように人気店が並んでおり

その終点近くにそのお店は堂々と存在します。

フランス料理とワイン Y’s

Ys.jpg

某アパレルのブランドと関係があるのか?という質問をよくされるそうですが、
いっさい関係ないとのこと。

ここらでそのシェフ画像をどうぞ

Ys8.jpg


吉田康洋シェフ

女性の方々、及び一部の男性の方々に残念なお知らせがあります。
こんなにカワイイのに奥様とお子様をお持ちです

冒頭から失礼を承知で勝手に『カワイイ系男子』と表現してしまっておりますが、
実のところ、シェフはかなりオトコマエな性格の持ち主です
よくご自身のお話をして頂くのですが、その会話の節々からそれは伝わってきます。

今回の取材も、快く受けていただくことができました

中田:お店を始めたきっかけは?

シェフ:17歳のときに料理の鉄人をよく見ていて、あるシェフの試合にすごく感動して
    そこで働きたくて手紙送りました。
    そしたらそのシェフが「一回食べにおいで」って言ってくれて行ったんですが、
    調理師学校を出た人しかアカンねん、って言われました。
    そういった方々にも助言をいただきながら、
    他にもいろいろ当たってみて、やっと大阪のレストランに入ることができ、
    そこから僕の料理人歴がスタートしました。
    20歳になった頃には、「20代のうちに自分の店を持つ」って決めてました。
    あとは運にも恵まれていました。

エエ話やないか~

ワタシ、こういう話大好きです

中田:お店の名前の由来は?

シェフ:昔から付けたい名前があったんですけど、ある人が先にその屋号をつけてしまい、
    断念しました。(※ちなみにその名前のお店は現在、ミシュランで☆がついてます)
    自分の名前そのままいくのもなぁ・・・、っていうことでイニシャルにしました。

中田:アピールポイントは?

シェフ:うまい・安い・おそい

牛丼屋さんのようですが、ちゃんとオチつけてます

流石関西人

中田:どんなお客さんが来るとテンション揚がりますか?

シェフホンマに食べるのが好きな人。見たらわかる!

中田:グローバルの商品についてなにかコメントは?

シェフやっぱりワインセラーはグローバルさんでしょ!!グラスも!

100点満点のコメントですねぇ~

ありがとうございまっす

おっしゃっていただいたとおり、お店ではファンヴィーノ174リーデル
ショット・ツヴィーゼル
などを扱っていただいてます
ちょっとプライベートな質問も

中田:休みとか仕事後は何を?

シェフ:子供と一緒に子供になって遊ぶ。

このコメントに原(♀)メロメロ

シェフ:あと、カラオケ好きです。ショッチュウ行ってます。

中田:オハコは?

シェフ:青空(ブルーハーツ)。ブルーハーツ好きなんで。
     あやかって、息子に『英雄斗(ヒロト)』って名前付けたぐらいです。

中田:これがないと生きていけない。。というものは?

シェフ:ワイン、携帯、女子、お金、嫁、子供、おかん、妹、音楽

シェフのお店にいくと、もう一人カワイイ人にお会いすることができます

お店でサービスをパワフルに、且つスマイリーにこなす、シェフの妹さんです

さすが兄妹!とおもえるぐらいどちらもカワイくてオトコマエ
Ys5.jpg

フランス料理というとどうしても肩に力が入ってしまう印象がありますが、
この御兄妹を前にいただくフレンチはとてもアットホームで、それでいて本格的です。
勉強熱心なシェフが造りだす、豪快で繊細なお皿を、浪速のオバタリアン(死語)が
食す。他ではあまり見ることのできない、そんな光景をワタシは何度か目の当たりにしました。

それはこの2人が造りだす空気がそうさせるものであり
いつでも誰でも入れるフレンチ
を実現されていると、ワタシは思いました。

と言いつつ…かなりの人気店ですので、予約を入れられた方がベターです

Ys2.jpg

美味しいフレンチを、楽しくリーズナブルに、召し上がりたい方は是非

Ys9.jpg
このボリュームで、なんと¥1050!! 

『フランス料理とワイン Y’s』
大阪府大阪市福島区鷺洲2-7-14
06-6453-1177
12:00~13:30(L.O)
18:00~22:00(L.O)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

 | HOME | 

プロフィール

global

Author:global
本当は自分の隠れ家なんだけど・・・
内緒にしていたいんだけど・・・

でも、やっぱりみんなで楽しめるほうがいい!
グローバルのスタッフが『とっておき♪』のお店紹介します!!


最新記事


カテゴリ

北海道 (6)
ホテル. (1)
ワイナリー (1)
フレンチ. (1)
イタリアン. (1)
バー・バル. (2)
関東 (0)
ホテル (29)
フレンチ (6)
イタリアン (8)
和食 (2)
中華 (2)
バー・バル (6)
鶏料理 (2)
その他 (3)
関西 (23)
ホテル.. (1)
フレンチ.. (3)
イタリアン.. (7)
バー・バル.. (6)
その他.. (6)
中部・北陸 (13)
フレンチ, (1)
イタリアン, (4)
和食, (1)
バー・バル, (5)
ブライダル (1)
その他, (1)
九州・沖縄 (10)
フレンチ,, (1)
イタリアン,, (2)
バー・バル,, (4)
肉料理 (1)
旅館 (1)
その他,, (1)
未分類 (28)

検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。